瓜生山歩人

自然、山、生物、好きです。 カメラ、望遠鏡、顕微鏡、など光学機器が好きです。 機械を使いこなし視力を拡大することに魅力を感じるようです。
写真や関連する話題、京都周辺山歩きの情報を発信しています。

カテゴリ:採集・食

 表題のチャンチンモドキと聞いて何のことかわかる人は植物に詳しい人でしょう。 私は知りませんでした。 今回は、そんなチャンチンモドキとの出会い、そしてその後知りえたこの植物にまつわるあれこれを紹介してみましょう。 昨年の今頃(秋~冬)、いつものように瓜生 ...

 イシクラゲをご存知でしょうか? 芝生の上や、道路わきのアスファルト上などに、雨の後など、濃緑色~黒色のぶよぶよのゼリー状の塊で出現するあの物体のことです。 名前にクラゲとありますが、クラゲとは縁もゆかりもない生物の一種です。 今回は意外と身近にあって、 ...

 昨年の秋も山や自然からいろいろおいしい物を頂きました。 今回はその紹介を。 毎年収穫している瓜生山の柿です。 柿は隔年で当たり年と不作の年が繰り返します。昨年は外れ年でしたが、その分大きな実が成っています。大きいといってもLサイズの鶏卵くらい、売っている ...

 京都の中心には市民憩いの鴨川が流れています。その源は、出町柳で合流する2つの水系、賀茂川水系と高野川水系に由来します。共に北山の山中、賀茂川は雲ヶ畑の奥、高野川は大原の奥にその水源を辿れます。下流は桂川や琵琶湖から流れてきた宇治川と合流し淀川となり大阪湾 ...

 寒くなり生き物の活動も低下します。山に行っても木々は葉を落としひっそりとしています。その分、冬鳥の姿は目立ちますが、寒い中出かけるのが億劫になりがちです。 多くのキノコもシーズンを終えますが、寒くなる12~1月頃に最盛期を迎えるキノコもあります。 ヒラ ...

 ナメコといえばシイタケやエノキタケなどと並んで栽培ものがスーパーに出回る身近なキノコです。ちなみになめ茸と称される瓶詰めにして売られている濃い味付けのキノコはナメコではなく、エノキタケを甘辛く醤油などで調理したものです。さらにエノキタケと称して売られて ...

  雨上がりの朝、狸谷から瓜生山に登っている途中目を上げると木の間に蜘蛛の巣がきらきら輝いていました。巣の主は留守のようです。 色づき始めた柿の葉に光が当たり輝いていました。空は深い青色。(10月7日)  狸谷に向かう道の脇に目立つ紫の豆が生っていました。 ...

 秋は色々おいしいものが実りを迎える季節です。京都の都市生活者が身の回りから採集した秋の恵みを紹介してみましょう(注)。  まずはキノコ。これは既に色々紹介しているので名前だけ列挙しておきましょう。この秋採取したのは、ヤナギマツタケ、マツオウジ、マントカ ...

 家から近いこともあり瓜生山は頻繁に足を運ぶ好場(すいば)です。ちなみに「すいば」とは京都弁でお気に入りの場所といった意味です。 季節がらキノコがいろいろお出ましです。まずは食べられるものから。 立ち枯れた木に群生しているウスヒラタケ。 晩秋から冬にかけ ...

 今年の夏は前半は暑い日が続いたのですが、8月も後半になると夏らしい暑さは影を潜め、最近は雨の日が増えています。それにともなってキノコが目につくようになってきました。 最近、瓜生山や京都御苑で見つけたキノコを紹介しましょう。 京都御苑で見つけたマツオウジ。 ...

 先日京都御苑を通ったらきのこが出放題。今年は梅雨らしい梅雨空が続き、きのこもその生を謳歌しているようです。そんな夏が旬のきのこたちを紹介。 これはベニタケ科のクサハツ。名前のクサは草でなく臭いのクサ。独特の匂いがあります。今の御苑で最もポピュラーなきの ...

 京都から滋賀に抜ける古道はいろいろあるが、最も古いものの一つを白鳥越えという。京都一乗寺から近江の穴太に至る。古路越えとも呼ばれ平安時代以前から使われているが、戦国時代以降はあまり使われなくなったため、正確なルートはよく分らないらしい。 先日、午後から ...

この時期、ヤマモモ(山桃)の実が赤く熟してくる。熟すとすぐに落果してしまうのでいつ採取しようかそわそわする。ヤマモモは日本や中国大陸に自生する常緑広葉樹で中国では楊梅と呼ばれる。南方系の植物で関東以南に分布する。高知県では県の花、徳島県では県の木に指定さ ...

毎月京都御苑では京都御苑きのこ会というきのこの観察会が開かれます。誰でも参加自由、会費無料という、敷居の低い、しかし、講師の先生方のレベルは高い、ありがたい集まりです。小学生やきのこ初心者から、粘菌、冬虫夏草などマニアックな菌類、そして顕微鏡による観察ま ...

狩猟採集という言葉があります。未開の、一段劣った、ないしは過去の遺物となったような生活様式と捕らえられることが多いと思います。しかし人類の歴史を考えてみれば、現生人類(Homo sapiens)が誕生しておよそ25万年。その95%の時間を狩猟採集で生きてきました。農業 ...

↑このページのトップヘ